カビないリフォーム・カビ取り
カビ菌検査・薬剤製造販売
環境コンサルティング
本社/営業所:藤沢・東京・横浜・沖縄 対応エリア:全国

カビ取り業者が教える各種壁のカビ取りと防カビ方法

皆さんの家の壁はカビが生えたことはありますか。カビが生えてしまいますとその部分の色が変化してしますので気になりますよね。
とは言え、カビ取り業者にお願いするのもお金がかかるし面倒。そこで今回は我々カビ取り業者を呼ばずに自分でできるカビ取り方法をお伝えします。またここまでひどく生えている場合は我々を読んだ方が良いという一例なども踏まえつつお伝えしていきます。


1.なぜ、カビが壁に生えるの?


壁にカビが生える原因は大きく分けて3つあります。

(1)温度差による結露によってカビが生える

室内と外気の温度差が大きくなると外壁に面した壁に結露が発生します。それにより壁紙面の湿度が上昇し、カビの生えやすい環境が完成して発生する可能性があります。

(2)空気の滞留にともなう湿度管理などが影響しカビが生える

お部屋の構造や家具の置き方が悪いと、空気が一部滞留します。空気が滞留すると換気不十分となりその部分の湿度は上昇します。またほこりなども溜まりやすくなります。特にほこりはカビの胞子が着地する場所として、最適の環境です。よって空気の滞留に伴い湿度やほこりが溜まると、その箇所にカビが発生しやすくなります。また家具などが無くても部屋の隅などは空気が動いていても流れが悪くなりがちです。よって四隅や天井と壁の境などもカビが発生することが多いのです。

(3)漏水によりカビが生える

漏水はたとえ室内環境を綺麗に保っていたとしても、建築物の劣化にともない起こる外装のひび割れや、水道管の破裂などにより発生します。発生すると一部空間の湿度が急上昇しカビが非常に生えやすい環境が整ってしまいます。場合によっては壁紙表面でなく、内側から発生し、発見が遅れるなんてことも。カビの発生過程としては一番厄介です。

2.壁に生えたカビを放置するとどうなるの?


今までのお客様のご自宅の特徴として一部カビが生えた箇所を放置してしまった結果、2週間から2ヶ月程度で部屋全体にカビが広がってしまい、結果お客様ご自身で対策できるレベルを超え依頼をいただくケースが多いです。カビは放置すると、部屋の壁全体に広がるだけでなく、家具などにも付着し発生します。そして発生個所が壁紙の場合、徐々に奥まで進行していきます。すると最初は壁紙表面のみに発生していたカビが、その奥のボードや断熱材の内部まで進行してしまいます。こうなってしまうと非常に厄介であり、最初は表面を除カビだけすれば対処可能だったケースでも、壁紙やボード、断熱材など交換しなければいけない箇所が増えてしまい、費用が高額になってしまいます。

そして1番怖いのは、やはり健康に影響が出てしまう事です。カビの発生と健康被害との関連性は日本のみならず欧米など様々な国で調査されており1)カビを始めとする室内汚染は咳や喘息、肺炎といった呼吸器症状を3~5割ほど増加させる可能性が指摘されております2)実際にカビが原因の症例として夏型過敏性肺炎3)やアスペルギルス症4)などが報告されており、長い期間カビの胞子を吸入し続けると体調を害してしまうケースが報告されております。近年では乳児や小児がカビによるアレルギー疾患を引き起こすケースが多く報告されており5)6)、1987年にイタリアで行われた調査では、約19%のアレルギー患者が少なくとも1種類のカビがそのアレルギー症状を引き起こすのに関係しているとされております7)

以上のように室内の壁に生えたカビの放置は見た目の悪さやコスト面のみならず、健康の面でも早期対策が非常に重要であるといえます。よって大ごとになる前に早期の段階でお客様ご自身の手で除去することが非常に重要であるといえます。

3.壁に生えたカビの取り方

ここからは壁に生えたカビをお客様の手で取るには実際どうすれば良いのか。
どこまで進行していたら業者に依頼したほうが良いのか。
これについて解説していきます。

3-1.壁紙【クロス】


壁のカビ取りの依頼で最も多いのが壁紙に生えたカビです。ここで注意しなくてはならないのが、一般的な市販のカビ取り剤の多くが壁紙には不向きな種類であるということです。

市販のカビ取り剤の多くは次亜塩素酸ナトリウムと、水酸化ナトリウム(水酸化カリウムの場合もあり)の混合溶液が販売されています。このうち、次亜塩素酸ナトリウムは乾けば塩化ナトリウム(食塩)になりますが、水酸化ナトリウムは乾いても、再度水に溶けることで強アルカリ性の液体へと戻ってしまいます。

強アルカリ性の薬剤は皮膚のタンパク質を溶かす作用があり、場合によっては火傷のような症状を起こす可能性があります。つまり市販のカビ取り剤を使用してカビを除去しても、その後の使用が難しくなってしまう可能性があります。これが個人で壁紙に生えたカビ取りが難しい大きな原因です。よって安全の面を考慮させて頂きますと、市販のカビ取り剤をクロスに使用するのは避けた方がいいです。どうしても使用したい場合は、カビ取り剤にてカビを除去した後に大量の水をしみこませたスポンジやタオルで何度もふき取り、極力その箇所には触らないようにしましょう。

また業務用・市販問わず、カビ取り剤というのは漂白作用があります。つまり使用する濃度によってはカビを除去できたとしても、壁紙を脱色させてしまう可能性があります。
※特に布クロスに使用すると脱色するケースが多いです。
我々も様々な壁紙に対して薬剤を使用してきましたが、市販のカビ取り剤よりも10倍以上高い濃度の業務用カビ取り剤を使用しても脱色しない壁紙もあれば、市販以下の濃度でも脱色してしまう壁紙もあり、壁紙への薬剤使用難しさを痛感しております。よって使用する場合には、目立たないところで一度脱色具合を試してみるのが一番確実かと思います。

もしカビ取り剤を試した結果、壁紙が漂白されてしまった場合は市販のアルコール除菌液で拭くことをお勧めします。アルコール溶剤は市販のカビ取り剤とは異なり、漂白効果がありません。よって、色落ちが気になるものにカビが生えている場合はこちらがお勧めです。使用の際には濃度が70%以上のものを使用してください。なお、市販のカビ取り剤とは異なり、漂白効果がありませんので黒カビなどによる着色汚れまでは落とし切ることができません。またアルコールは薬剤の特性の1つに可燃性があります。よって火元での使用は非常に危険ですので十分に注意して下さい。なおアルコールは、十分にカビを除去する前に揮発してしまう事が多々あります。よってアルコールでの処置の場合は、数回にわたって行う事をお勧めします。面倒くさがらずにこまめに早期対処をしないとどんどん繁殖してしまいますので、根気強く対策してください。

この様にそれぞれの薬剤にはメリット・デメリットがありますが、双方ともに軽度の発生であれば十分にカビを除去する事が出来ます。一度の処置で除去できない場合は2度ほど同じ作業を繰り返してみて下さい。

これで落ちない、うっすら影が残る、仮に落ちても再発する場合は壁紙の裏側までカビが生えている可能性が高いです。ここがお客様ご自身で対処可能なカビと、業者を呼ぶべきカビのラインです。

なぜなら一般的な壁紙はビニールを使用しており、通称ビニールクロスと呼ばれるものであるからです。これらの商品は中に防水シートが入っており、表面からいくら薬剤を塗布しても内側まで浸み込みにくいという状況が起こります。よって表面から裏側へと生えた場合、裏側から生えた場合、通常のやり方では完璧な除去が行えず、表からの処置で除去できなかったカビが裏側で繁殖し、より広範囲にカビの被害が広がる可能性が高いです。また壁紙表面で発生したカビと違って壁紙裏で繁殖し表に出てきたカビというのは、再発や拡散のスピードが段違いに早いです。さらにカビが壁紙の面側まで侵食していた場合、壁紙を張っていたボードやベニヤ、コンクリートにも根強くカビが発生している可能性があります。よって壁紙の交換のみではカビの除去が完璧に行う事が出来ず、残ったカビがまた内側から侵食し、また同じ状況を引き起こしてしまう可能性があります。よってカビが今後生えにくい環境を整えようとすると、一度壁紙を剥がし、その下地に対して除カビと防カビの処理を行った後に新しい壁紙を張り、最後にその新しいクロスに対して防カビの処理を行う事が重要です。こうすることで壁紙の中にカビ菌が残っていた場合、空気中にカビの胞子が拡散している場合、どちらの場合でも再発を防止する事ができます。

多くの壁紙屋さんがカビの存在を知っていても、カビに関する知識や経験が少ないために何の処置もせずに壁紙を貼ろうとします。その際はしっかりと指摘し、カビの除去のお願い、防カビコーティング作業のお願いをしましょう。仮に壁紙の裏にカビが残った状況で一時的に奇麗になったとしても直ぐに再発する可能性が高いです。最悪の場合、壁紙の裏に残ったカビがボードやベニヤ板を侵食し、貼り替えが必要になってしまう可能性があります。そうなってしまいますと非常に高額になってしまいます。必要以上に支払わなくて済むように、カビが裏側まで侵食してしまっている場合は、壁紙の交換のみでなく、しっかりとした除カビ・防カビ作業を行ってもらいましょう。

そして何よりも、このような状況にならないように、壁紙にカビが発生しているのを発見したら、なるべく早期に市販のカビ取り剤やアルコールで対処するようにしましょう。

3-2.ボード壁


多くの場合ボード壁にはケイカルボード(石膏ボード)が使われていると思います。ケイカルボードは水に弱い建材です。よって何度も濡れた雑巾などで吹いていると、建材を痛めてしまう可能性があります。よってカビ取り剤やアルコールでカビを除去する場合には、吹きかけるのでは無く、キッチンペーパーなどに塗布し、その塗布したものを湿布の様に張り付け、除去する事をお勧めします。カビは石膏部分が大好物ですので、早期の除去を行うようにしましょう。また除去を行った後には十分な換気を行い、水分を飛ばすようにしましょう。水分はカビの栄養源となりますので、十分な換気を行いましょう。業者を含め、多くの方々がここの乾燥を怠る事で、カビを生やしてしまいます。

3-3.ペンキ塗りの壁


ペンキ表面のカビに関しましては、発生初期のカビであれば市販のカビ取り剤をキッチンペーパーで湿布することで簡単に取れることが多いです。しかしペンキは市販のカビ取り剤のアルカリ成分に弱く、場合によっては痛めてしまい、剝がれてしまう可能性があります。一方で剝がれてしまう事を恐れて放置してしまっても、ペンキ部分が劣化してしまい、結果としてペンキが剥がれてしまいます。よって壁紙と同じくペンキが浮いていたり、塗装面の裏にカビが生えていると判断できる場合は業者に依頼する事をお勧めいたします。

最悪のケースは、カビを適切に処理せずに上から塗りつぶしてしまう事。カビはペンキで塗りつぶした程度では死滅しません。むしろ見えないところで繁殖を続け、最悪の場合躯体まで侵食します。過去の例ではカビの上に塗装を繰り返したことで、ペンキを剥がしてもカビが繁茂しており、まるでフィーユのようになっている現場もありました。こうなってしまうといくら表面から除カビ作業、防カビ作業を行った所でその効果は低く、根本的に対処する為には一度塗料を溶かすか、削るかが必要となります。こうなってしまいますと費用は高額となります。上から覆うだけではカビは死滅しません。しっかりとした処理を行いましょう。

3-4.珪藻土


珪藻土は湿度を調整しカビを生えにくくするための建材として、壁やバスマットなど様々な用途で使用されています。一方で湿度を吸収する特性から、条件が揃うと非常にカビが生えやすい環境が揃ってしまいます。壁などに使用する場合、珪藻土はボードの上から塗装する形となり、その厚さは1mm程度となります。よって過度な湿度や結露が多発する付近にあると、珪藻土がもつ調湿能力では賄えなくなり、湿度や結露をすべて珪藻土が吸い込んでしまい、常に湿った状態になり、カビが生えやすい環境が整い発生します。また珪藻土は種類によっては中性の珪藻土を使用されている可能性があります。中性の珪藻土はアルカリ性の珪藻土に比べカビが発生しやすいデメリットがあります。よってリフォームなどで珪藻土を使用する際には使う環境や珪藻土の種類に注意が必要であり、可能であればアルカリ性の珪藻土を使用するようにしましょう。

珪藻土にカビが発生してしまった場合、珪藻土上のカビは除去が非常に難しいです。これは珪藻土に厚みに応じ、カビが根を深く生やしやすい事が原因にあります。よって市販のカビ取り剤では、除去が非常に難しいです。さらに除カビ剤を塗布すると土なので水に弱く剥がれてしまいます。よって珪藻土にカビが発生した場合には、珪藻土を一度剥がし、再度珪藻土を塗りなおす。または時間をかけて薬剤を浸透させ、カビを除去する必要があります。一度カビが生えると除去が非常に難しいので、少しでも不安な場合は業者を一度呼ぶことをお勧めしましょう。

3-5.コンクリート壁


コンクリートは基本的にアルカリ性でカビが生えづらいとされております。しかし年数がたつとコンクリートのアルカリ性とする水酸化カルシウムが空気中の二酸化炭素と反応し、炭酸カルシウムになります。表面が炭酸カルシウムとなりますと、アルカリ性であった表面は中性に寄ってしまい、カビが生えやすい状態となってしまいます。またコンクリートは非常に吸湿性が高く、熱伝導率が良いことから、結露してしまうケースが多いです。

実際にコンクリート面における漏水や水害被害を想定した実験では、長期間床下のコンクリート面が濡れてしまいと元の含水量に戻るのに、床下などの場合約2ヵ月かかることが判明しており8)、その間にアスペルギウス症の原因ともなるアスペルギウス属などの発生が確認されております9)よってコンクリート壁にカビを発生させないようにするためには、十分な換気を行う必要があり、その対策を怠ると、常に壁面が濡れているような状態となり、カビなどが発生しやすい環境が整ってしますことがあります。

コンクリート面に対してカビが発生した場合は、部屋内であればキッチンペーパーに市販のカビ取り剤を湿らせ、湿布をして30分ほど放置し、水拭きを念入りに行う事で簡単なカビであれば除去が可能です。なお除去後はしっかりと換気をして下さい。これがコンクリート面に発生したカビには一番重要なポイントです。また除去後は小まめな換気や除湿器の設置をすることで湿度を逃がすようにしましょう。これでもカビが発生する場合には業者にお願いするようにしましょう。

3-6.外壁


外壁のカビは、ただカビ取り剤を塗布するだけでは効かないことがあります。これは外に面している事でカビの他に油汚れや、酸化汚れが薬剤の浸透を防いでしまう事にあります。つまりカビの除去を行うためにはこれらの汚れを完璧に落とした後に、薬剤を使用する必要があります。よって一般の方々が行う際には一度高圧洗浄機などで汚れを可能な限り除去してからカビ取り剤を塗布するようにしてください。外壁は非常に難しいので、少しでも不安な方は業者に相談するようにしましょう。我々のようなカビ取り業者であれば、特殊な薬剤を使い、汚れを完璧に落としてからカビを除去することできます。

4.壁のカビを除去する際の注意点


今回は壁面の50cm×50cm程度にカビが表面的に生えている想定でお話させて頂きます。カビを除去する場合、カビが生えた周辺にはカビの胞子やまだ見えないレベルで繁茂するかびが確実にいます。よって最低でも周囲1m×1m、可能であれば部屋全体のカビを除去する必要があります。特にカビが表面的に発生している状況で空調などを回している家は、空調が胞子の拡散を促進し部屋全体に胞子が舞っている可能性が高いです。そのため、目視できるカビがある場合は一刻も早く対処する必要があります。万が一部屋中にカビが広がっているかどうか気になる場合は、カビの胞子が部屋に広がっているのかチェックすることができますので、心配であれば専門会社にチェックを依頼することをお勧めします。そして除去後は様々な所で書いておりますが、しっかりとした湿度管理を徹底いたしましょう。

5.壁にカビを生やさないためのカビ対策


様々なケースを元にそれぞれの対処法についてお話させて頂きました。次はまだカビが生えていない方、無事に除去が出来た方は特殊な防カビ剤などを用いずに今後どのような環境づくりが大切なのか、これについてお話させて頂きます。

まずは湿度の管理です。カビの発生が促進される条件として温度や湿度、餌となる埃や人が作った汚れなど様々なものがありますが、その中で最も気を付けなければならないのが湿度です。人は汗を掻いていないようでも全身から少しずつ水分を蒸発させています。つまり、室内の換気が不十分だと湿度は溜まってしまい、壁面は湿っぽくなり、場合によっては結露を発生させてしまいます。特に寝具などは要注意で、十分な乾燥をさせずに押し入れなどに戻してしまいますと、寝具が吸った湿度は空気の流れが無い押し入れ面を高湿度にしてしまいます。そうなるとカビにとって押し入れが最高の住みかとなってしまいます。よって特殊な防カビ剤を用いずにお客様ご自身でカビを生やさないよう対策するためには、除湿機やエアコンを用いて湿度を下げる工夫が非常に重要であると言えます。具体的には湿度が常に60%以下になるように湿度管理が出来ることが理想的です。また結露が起こるところはこまめに拭くといった水分対策、空気が滞留しないように押し入れなどは可能な限り開放し、扇風機を回すといった風流対策、ほこりや汚れがたまらないように掃除を徹底するといった栄養対策などが有効です。どれも完璧に行うのは非常に難しいですが、すべてを5割くらいの精度で複合的に行うだけでもカビ発生の可能性は激減します。
何度も言いますがカビは発生させないことよりも発生した後放置しないことが非常に重要です。カビ菌が目視できる状態というのは、「すでに胞子を飛ばして拡散しようとしている状態」を表します。繁殖が進んでしまうとお客様ご自身の手では対処不可能になってしまいますし、業者の施工費用も上がっていきます。面倒くさがらず甘く見たりせずに、壁にカビが生えているのを見つけたらすぐに対処するようにしましょう。

6.業者に依頼する場合のポイント


それでは最後に最適な業者の選び方のポイント、依頼するタイミングについて当社なりにお話させて頂きます。業者に依頼する基準は皆様それぞれかと思います。しかしいくつか押えていて欲しいポイントがありますので是非参考にしてみて下さい。

(1)カビが部屋中に転移している場合
カビが部屋中に発生してしまっている場合、確実にカビの胞子が部屋全体についていますこの場合、少しでもカビにとって良い環境を作ってしまうと再発する可能性があり、部屋全体に対してカビの除去しなければ、自分で除去してもまた再発してしまうリスクが高くなります。よってお願いする際にはお部屋全体のカビをしっかりと除去してくれる業者にお願いしましょう。

(2)壁紙や塗料の奥までカビが侵食していた時
この場合はお客様で解決することはほぼ不可能なので、きちんとカビの知識を持った業者に依頼するしかありません。この時一般の塗装業者やクロス業者にお願いしますとたいていの場合、カビの生えたクロスを剥がすだけ剥がして、抗菌されたクロスを貼るのみとなります。塗装の場合はただ上から塗装される業者もいます。しかし奥までカビが発生している場合、この方法では確実に数年後、早ければ数カ月後に確実に再発します。長期的に考えると何度も業者にお願いするよりも、一度しっかりと施工をして貰った方がお財布にも優しいかと思いますので、確りと発生原因のカビまで除去してくれる業者にお願いするようにしましょう。

(3)一度除去したけど再発した場合
市販のカビ取り剤で除去したつもりなのに数日で再発した場合、それは新しく生えたのではなく、もともといたカビをきちんと除去出来ていない可能性が高いです。また中途半端なカビ取りは、カビにカビ取り剤に対して耐性を与えるだけになってしまい、さらに除去しにくいカビを発生させてしまう可能性にもなりかねません。そうなってしまうと市販のカビ取り剤では完全除去がどんどん難しくなってしまう場合があります。よって数日間で再発してしまった場合は必ず業者に依頼することをお勧めします。

※番外編※リフォーム後の再発が意外に多い理由※

一般的なリフォーム会社や清掃業者は、カビを単なる汚れの一種程度にしか捉えておりません。カビはれっきとした生物であり、その特徴は様々です。よって専門業者でもない限り、「カビ」に関する知識は乏しく、カビの完全除去をするのは大変難しいのが現実です。これが、壁紙リフォームしたのに1年も経たないうちにまたカビが生えてきた!ハウスクリーニング会社に依頼して壁を掃除してもらったけどカビがすぐに生えてきた!などといった依頼が当社には多く寄せられる理由になります。リフォーム会社の中には、リフォームの時に、ペンキや壁紙でカビを上から隠そうとしたり、お客様が使っているものと全く同じような一般的な市販のカビ取り剤で一時的に簡単にカビを取ろうとする業者もあります。それらの業者はカビ対策において「菌を残す」ことの怖さを理解していないのです。カビ菌は少しでも残すと、残ったカビから菌糸を伸ばし、早い時期に表に出てくるようになります。そのうえ薬剤のたび重なる塗布は建材を傷めてしまうため、最悪の場合、再度リフォームのやり直しが必要となり、費用も余計にかかってしまいます。こうなってしまうと目も当てられません。よってカビが発生したのをきっかけにリフォームをお考えの場合は、弊社のようにカビ取りとリフォームの両方をしている会社などに、一度現地確認してもらい、適切なアドバイスをもらう事をお勧めします。

8.まとめ

一般家庭で簡単に除去できるカビは、小さいうちのカビに限ります。よってカビを甘く見て部屋のいたるところにカビが発生した頃には既に、一般家庭で対処できる範囲を超えている場合が多く、専門業者に依頼した方が、結果的にお財布に優しく済む場合がほとんどです。そして何よりもまずはカビを生やさないような環境を作ることが重要となります。まずは家の中を掃除でもしながら、家具裏の壁などカビが生えやすい箇所の点検を行い、発生が軽度である場合は市販のカビ取り剤で除去してみましょう。そしてそれでも再発する場合には業者にお願いするようにしましょう。なにかカビ除去方法やカビ対策について、わからない場合はお気軽にお問い合わせください。

参考文献
1) 長谷川兼一, 石川善美, 久慈るみ子 : Damp Building における室内環境と健康に関する研究, 住宅総合研究財団研究年報, 30, 169-180, 2004.

2) Fisk, W.J, Lei-Gomez, Q and Mendell, M.J.: Meta-analyses of the associations of respiratory health effects with dampness and mold in homes, Indoor Air, 17(4), 284-296, 2007.

3) 吉岡 弘鎮, 冨岡 洋海, 大西 尚, 藤山 理世, 桜井 稔泰, 多田 公英, 坂本 廣子, 岩崎 博信, 橋本 公夫, 今中 一文 : 夏型過敏性肺炎の 1 例 ―血清 KL-6 の経時的変化と同居人も含めた HLA の検索―, 日呼吸会誌, 40, 766-770, 2002.

4) Bok, J.W, Balajee, S.A, Marr, K.A, Andes, D, Nielsen, K.F, Frisvad, J.C and Keller, N.P.: LaeA, a regulator of morphogenetic fungal virulence factors, Eukaryotic Cell, 4(9), 1574-1582, 2005.

5) 吉澤晋, 飯倉洋治, 松前昭廣, 菅原文子, 小峯裕己 : 住宅におけるカビアレルギーとその予防に関する研究, 住宅総合研究財団研究年報, 17, 313-329, 1991.

6) 吉野博, 北澤幸絵, 長谷川兼一 : 住宅における結露・カビの発生要因に関する調査研究 児童のアレルギー性疾患と関連する居住環境要因の改善に向けて, 日本建築学会環境系論文集, 79(698), 365-371, 2014.

7) Martin, C. J, Platt, S. D, Hunt, S. M.: Housing conditions and ill health. Br Med J (Clin Res Ed), 294(6580), 1125-1127, 1987.

8) 長谷川兼一, 石山智, 大澤元毅, 柳宇, 鍵直樹, 東賢一, 高木理恵 : 実大試験家屋を用いた浸水シミュレーションによる床下湿気性状の長期測定, 日本建築学会技術報告集, 21(49), 1117-1120, 2015.

9) 柳宇, 長谷川兼一, 鍵直樹, 東賢一, 大澤元毅 : 浸水後の住宅におけるカビ増殖特性に関する実験的な研究, In 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集 平成 27 年度大会 (大阪) 学術講演論文集 第 7 巻 空気質 編, 公益社団法人 空気調和・衛生工学会, 93-97, 2016.

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。
人気記事